STAFF BLOG
メイン画像
2021.05.29
ブログ

初めまして!!

田中 大介

田中 大介

ブログをご覧の皆様はじめまして!
 
令和3年4月から新入社員として、エーシンホーム 営業部営業課に配属されました
田中 大介 と申します。

入社して約2か月が経とうとしており、日々覚えることが増えていき不安も募りますが
入社当初に比べてできる仕事も増えていき、充実した毎日を送っています!
 
今は、私が直接お客様をご案内できるようになるために練習をひたすらしています。
上司に同行する機会が多いのでワザを盗むチャンスだと思い、セリフを真似してみたり、話すスピードを変えたりして試行錯誤しています。

まだまだ未熟ですが一人前になるための修行だと思い日々頑張っていきます!



最後になりますが、こちらは今年の入社式の写真です!
 
コロナウイルスが流行っていることもあり、最小限に抑えた人数で入社式を行ったので、社員の方々全員の前で入社式を行うことはできませんでしたが、
新入社員10人でお互いを刺激し励ましあいながら、切磋琢磨頑張っていきたいと思います。
よろしくお願いします!
 
2021.05.28
ブログ

花粉対策

井上 法彦

井上 法彦

こんにちはエーシンホームの井上です。

私は10年ほど前から花粉症の症状が出始め
年々それがひどくなっているのを感じています。
なので自分が家を建てる時は花粉ストレスフリーな家にしたいなと思っています。

普通は換気しようとすると、窓を開けたりするのが一般的ですが
新鮮な空気とともに大量の花粉や黄砂を招き入れてしまう恐れがあります。

窓には換気框という換気用の部材がついていますが、フィルター付きの換気框を使用することによって
花粉の流入を防ぐことができます。
ただ、実際住んでみて換気框を開け閉めして換気している人はほとんどいないのではないでしょうか?

花粉除去の一番現実的な方法は1種換気システムの導入だと思います。
給気と排気を同時に行い、給気口にあるフィルターにて花粉や黄砂を除去してくれるので
常にきれいな空気を取り入れることができます。

ただし換気システムを導入したから花粉から解放されるわけではありません。
外から帰ったら衣類についた花粉を払い、中に持ち込まないことが重要になります。
そして花粉の少ない時期にしか窓を開けない。

これを守れば家の中では花粉ストレスフリーな生活を送れるはずです。(多分)

あまり花粉に敏感になりすぎるのも別のストレスが溜まりそうですが
家を建てる時だからこそできる対策はとっておきたいですね。



ちなみに当社の福にあるモデルハウスでは全館空調を採用しているのですが
この気調システムにも1種換気システムが組み込まれています。
興味のある方はぜひ連絡ください。
2021.05.21
ブログ

エーシンホームの保証

岡野 恭之

岡野 恭之

こんにちは!
エーシン営業部の岡野です。
今回は、「エーシンホームの保証」についてお話したいと思います。


今、お住まい造りのパートナーとなる業者を探されていて、このブログを読んでいただいている皆様。
会社選びの基準は決まっていますか。

【外観・デザイン】ですか?
【住宅の性能】ですか?
【たくさん建てている実績のある会社】でしょうか?

色々な基準がありますが、その中でも【会社の姿勢・信頼度】で選ばれる方がたくさんいらっしゃいます。


そのために今回『保証・アフターサービス』がどうなのか?をご案内させていただきます。




エーシンホームでは、経験豊富な専任スタッフ「見まわり大工」が
生涯のパートナーとして50年間にわたる無料点検を実施し、お困りごとに迅速に対応いたします。

また、当社指定のメンテナンスや再調査を受けていただければ10年ごとの保証延長ができ、最長50年という長期間のアフターサービスをお約束します。


また、実はあまり知られていないことなのですが、「アフター専門のスタッフ」がいる住宅会社は、福井県でも数えるほどしかありません。
多くの場合、新築やリフォームに携わった現場監督がその後のフォローを担当するために、他の現場を抱えているとどうしてもアフターの対応が遅れがちになってしまいます。
そこで、「建てたあとまで安心のサービスを提供したい」との思いから、「見まわり大工」が発足しました。

ご入居者様の増加に伴い人員が増強され、現在4人体制で安心をお届けしています。
エーシンホームは、地元ならではのキメの細かい対応で信頼していただける住宅会社を目指して、向上していきます。

2021.05.17
ブログ

家づくりの進め方

水野 剛久

水野 剛久

こんにちは。営業部営業課の水野です。

5月に入りお天気も雨模様で、コロナ禍によるテレワークやステイホームなど
モヤモヤ、モヤモヤ、モヤモヤ…とされておられるのかなぁと思います。

また梅雨に入りますと高温、高湿となり
体調も優れなくなりがちとなりますのでお身体にお気をつけください。


今回「家づくりの進め方」について、お伝えさせていただきます。
おうち時間が増えている中、このブログを少しでもご参考頂けたらと思います。
 



初めての家づくり、みなさんは何から始めますでしょうか?

展示場を見に行ったり、資料請求してみたり…様々なことを想像されると思います。
弊社にご来場いただいた方ですと、ホームページや口コミ・ご紹介で情報を知っていただいた方が7、と多いです。
情報も簡単に手に入れられる時代ですから、インターネットで情報収集される方もたくさんいらっしゃるでしょう。

 …情報はたくさん手に入りますが、何を基準にしていいかわかりにくいですよね。
そもそも初めての家づくりなのですから、慎重になって当たり前です。
まずは何から始めればいいのでしょうか?
 


弊社では、家づくりの最初の一歩として「計画を立てる」ことをお伝えしています!
当たり前のように聞こえますが、実はこれが重要なんです。

闇雲に総合展示場、個別展示場や見学会などに行かれて、ただ時間だけ過ぎてしまったお客様の話をよくお聞きします。
「結局どこの会社も同じに見えてしまい、印象が良かった営業マン・設計図を無料で提案された会社に決めた」
「ただひたすら見学をするだけで、途中で疲れて挫折した/延期した」
と皆さん話されています。
 




「計画を立てる」のはこの先の見えない状態に『ゴール』を作ってあげることなんです。
しかし、計画を立てるといっても、何について計画を立てればいいのでしょうか?
 


計画は大きく分けて「建築」「資金」「時期」の3つです。
それぞれ詳しく見ていきましょう!


≪〃築≫
「自分たちはどんな家が欲しいのか」ということです。
どんな家、と一言で言ってもなかなかイメージしにくいと思います。
ここで思い出していただきたいのは、
 みなさんがなぜ家づくりを始めようと思ったのか
この「動機」が「建築」の計画に直結しています。

例えば、「今住んでいる家が寒い」のであれば「性能の良い家」に住みたいになりますし、
「アパートが手狭でお子様がのびのび生活できない」のであれば、
広い空間にすることはもちろんですが、「コミュニケーションが取れる間取り」であったり、
「子育てしやすい工夫」が必要になってきます。

このように「建築」の計画に困った時は、家づくりを始めた「動機」を思い出してみてください。
メモしておくと、具体的な計画を行うときにスムーズかと思います。
 


≪∋餠癶
これも家づくりには必須項目ですよね。
まずイメージされるのは、建物と土地のお金だと思います。
ですが、それ以外に「諸経費」といわれるものが必要です。
この諸経費は一定の金額ではなく、その人の建築計画によって変化します。

まずは自分の家づくりの計画にどれだけお金が必要なのか、事前に知っておく必要があります。

「何となくこのくらいのお金が必要かな?」とか、
雑誌を見て「総額これくらい必要なのか!」と考えている方も多いです。
これはあくまで皆さんが希望でイメージされている資金計画で、本当に必要なのは「可能資金計画」です。

この「可能資金計画」は“そのお客様が住宅ローンを返済しながらどんな生活ができるのか”の指標になります。
せっかく新しいお住まいができたのに住宅ローンで生活が厳しい…ということになってしまっては本末転倒。
だからこそ、その人に合った「可能資金計画」を立てることが重要なのです。
 



≪時期≫
いかに自分たちが新しいお住まいの入居に向けて
いつまでに何をしないといけないのか、というスケジュールを立てることです。

具体的にお伝えすると、
・そもそもいつまでに建築する会社を決めて
・いつまでにプランを決めて
・いつまでに契約をしなければならないのか
を決めることです。

家づくりは意外と前準備に時間が必要なのです。
前もってスケジュールが組めていれば、余裕をもって家づくりを進めていくことができます。


少し長くなってしまいましたが、以上が「計画を立てる」上で重要なことになります。
この3つの計画は、どれか1つが欠けていても上手くいきません。

遠回りかもしれませんが、着実に計画を立てて一生に一度の家づくりを成功させましょう!

お客様ごとの具体的な家づくりについては、私たち営業スタッフがお話させていただきます。
お気軽にお問い合わせください!

2021.05.14
ブログ

部屋探し・物件選びのポイントは?

中村 規子

中村 規子

賃貸物件を探す理由は進学、就職、転勤、結婚などさまざまですが、
条件の中で、場所・金額・間取り・外観…など、
優先順位を考えて選ぶのも一つの手段だと考えられます。

優先順位が決まったら、譲れる条件と譲れない条件を書き出して物件選びをしていきましょう。

・場所
 → 立地・エリア・周辺環境・通勤、通学の利便性

・金額
 → 初期費用・毎月の総費用(通常手取り収入の3分の1までが目安)

・間取り
 → 部屋数・それぞれの部屋の大きさ・部屋の向き・部屋の配置・階数・和洋室

・外観、設備
 → アパートタイプ・マンションタイプ・エレベーター・防犯・ネット環境 
・入居時期を考える


   

お求めの条件に出来る限り近い物件が見つかるようにお探し致しますので、是非ご一報いただけると幸いです。

エーシンの賃貸担当社員一同で、ご連絡お待ちいたしております。

2021.05.14
ブログ

物件の混雑時期について

山本 恭生

山本 恭生

こんにちは!
賃貸営業の山本です。

今回は賃貸物件がどのような時期に混雑し、多く広告が出てくるのかをお話しできたらと思います。


まず一般的に賃貸の繁忙期といわれるのが3〜4月の春頃と、9〜10月の秋頃になります。

春は学生の卒業と入学シーズン。
頻繁に賃貸の入退去があり賃貸の情報が目まぐるしく変わります。
また新社会人の方々も新居を求めて探されますので、この時期は数多くの賃貸情報の広告が出ます。
情報が多く混雑はしますが退去の多いこの時期に物件を探すと、理想の物件が見つかると思います。

次に秋のシーズンは転勤される方が多く混雑されます。
私の経験則ではありますが、大学生の方が夏ごろに免許を取得し
よりよい環境を求めて引っ越しされるケースが割とあります。
秋は春に比べると混み具合は少ないですが、
広告が多く出ますのでチェックしてみるのもよいかと思います。


現在はコロナ渦により県外からの訪問や引っ越しが例年より減りましたが、
賃貸の混雑する時期はあまり変わりませんので、その時期を狙って物件探しをトライしてみてください!