STAFF BLOG
メイン画像
2022.01.28
ブログ

「吹抜け」を検討する上で知っておきたいポイントとは?

木村 洸介

木村 洸介

皆さんこんにちは!
 
エーシンホーム営業の木村です!
新年が明け早いもので1月も終わろうとしています。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今回のブログでは、「吹抜け」を検討する上で知っておきたいポイントについてお話したいと思います。
 
注文住宅で家を建てるなら、リビングを吹き抜けにしたいと憧れている方も多いと思います。
しかし、吹き抜けは全ての人におススメの間取りというわけにはいきません…。
吹抜けのメリット・デメリットを知って我が家に合った家づくりを叶えましょう!

「吹抜け」とは、2階以上に渡って床にあたる部分を設けず、下から上まで素通しに開放したスペースのことを言い、主に玄関やリビング、階段部に設けることが多いです。



吹抜けは見た目だけでなく、機能面においてもメリットがいくつか存在します!

メリット:開放的な空間が確保できる
     通風や採光を取り入れ明るく開放的なリビングになる
     2階とのつながりができ家族とのコミュニケーションが取りやすくなる


吹抜けをつくることで家全体が広くなり、お洒落な印象の家になりますが中にはデメリットも存在します…

デメリット:2階の床面積が狭くなってしまう
      2階からの音や匂いが気になる
      断熱性、気密性に影響が出る可能性がある
 
吹抜けを設けることで様々なプランニングや実現できることもありますが、その分制限される部分も出てきます。吹抜けが必要かどうか良く判断して取り入れましょう!

2022.01.20
ブログ

住宅の冬のトラブル

関 耕一郎

関 耕一郎

こんにちは、営業課の関です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
今日は、冬に多い住宅のトラブルについてお話いたします。
 
冬のトラブルでは結露の問題、水道管の凍結、カーポートの除雪などもありますが、本日は冬の最大トラブル「ヒートショック」についてお話をしますね。
 

「ヒートショック」
 
まず、ヒートショックは何故起こるのか?
人は急激に寒いところに出たりすると、急激な温度変化で身体に負担がかかるからです。
住宅の中でも、普段から人が集まるリビングは暖房で温めていますが、
昔の住宅やアパート・マンションなどでは廊下や脱衣所は、外と同じような環境に置かれているものも少なくありません。

ヒートショックで意外と知られていない事実としてあるのが死亡者数です。
いきなりショッキングなお話になりますが、ヒートショックに関する「入浴中の急死」の死亡者数は、
なんと「交通事故」による死亡者数の3倍を超えます。

それだけ「ヒートショック対策」は重要な項目になります。
 
今日からできる簡単な対策としては6つほどあります。

 .轡礇錙爾魍萢僂靴討湯張りをし、浴室を暖める。
  湯沸しの 最後の分を熱めのシャワーで給湯して も十分効果があります。

 ⇒畆爾鮹杷改修などして温度差をなくす。
  浴室をユニットバスに改修することでも断熱性は向上します。

 M漆前・日没前の入浴
  人の生理機能がピークにある午後 2時から午後4時ころに入浴することで、
  温度差への適応がしやすいためです。

 げ硬拈瀋41℃以下
  お湯の温度は、41℃以下にしておくことをお勧めします。

 グ貎佑任瞭浴を控える
  可能な場合は、家族による見守りなどで一人での入浴を控えるといった方法も有効です。
 
 食事直後・飲酒時の入浴を控える
  食後1時間以内や飲酒時は、血圧が下がりやすくなるため、
  入浴を控えた方がよいでしょう。

(出典:地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター)


以上の事は、今からできることですが
今後、新しい住まいを検討する場合は、もう一つ大事なことがあります。

 「住まいの断熱性能」です。

最近の住宅は、断熱の性能が良いのは当たり前になってきています。
しかし、そこには落とし穴が待っています。

皆さんは、新しい住まいに何年住まわれますか?

 10年?20年?いえいえ、もっと長く?

数値だけで判断するのではなく、住宅の暖かさ(断熱性能)が何年続くのか。
断熱材も全く劣化しないとは限りません。
劣化しにくい断熱材を使っているのか?
劣化も見据えた断熱工事が施されているのか?
これからの住宅の断熱を考える上で大事な部分だと思います。



エーシンホームには、家づくりについて楽しく学べる「おうちラボ」がございます。
皆さんもぜひ足を運んでみてください!!(※予約が必要になります。)
 
2022.01.18
ブログ

防犯対策を行いましょう

山本 恭生

山本 恭生

こんにちは

今回は空き巣や、泥棒などの防犯対策について取り上げていきたいと思います。

一戸建てや共同住宅での犯罪というと侵入、窃盗などが挙げられます。

この犯罪に対して防犯対策を行う事がとても重要になります。

基本的なイメージに玄関の鍵をピッキングして侵入と思い浮かぶことが多いと思いますが、

現在はピッキングの件数が激減しているそうです。

それよりも【無施錠やベランダなどの窓を破っての侵入】が主になっているようです。

では具体的にどのような対策が有効かというと以下になります。

・短時間の外出でもしっかりと施錠を行うこと
・窓ガラスに防犯フィルムを貼る
・補助錠を使う
・こじあけ対策に防犯プレートを取り付ける
・防犯カメラの設置

防犯グッズを複数組み合わせて使うと効果的になりますし、

時間をかけさせることで侵入をあきらめさせることにも期待ができます。

他にも個人でもできる防犯対策はありますので、

空き巣や泥棒に対する防犯意識を高めていくことをお勧めします。




















 
2022.01.07
ブログ

明けましておめでとうございます。

村下 充則

村下 充則

明けましておめでとうございます。

こんにちは、不動産開発事業部開発課の村下充則です。

私が主にしている仕事は、
直接地主様を訪問し、皆様にご提供のできる土地の仕入れ をしております。

所有者様の状況にもよりますが、市街地に多数の農地(田・畑)を所有されている方が対象になります。
今まで相続税で多額の納税をされてきた方、農業後継者が居らず耕作が出来ない、農機具が壊れた…等、さまざまです。
特に相続税で悩んでおられる地主様が多く、将来的に相続税の納税原資としてやむを得ず売却されている方も居られます。

そのような大切な土地を交渉させて頂き、皆様にご提供させていただいております。


これからも良い土地をご提供出来る様、地道に地主様訪問を頑張って参ります。
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。



2022.01.04
ブログ

あけましておめでとうございます

水屋 幸春

水屋 幸春

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のお引き立てを賜りまして誠にありがとうございました。

 

当社は本日より仕事始めです。

毎年恒例の初詣ですが、感染対策のため昨年に引き続き役員のみでのお参りとなりました。
 


これからも社員一同、気持ち新たにさらに一致団結し、

お客様が心より誇れる住まいづくりのお手伝いができますよう精進してまいります。

 

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。