STAFF BLOG
メイン画像
2018.07.16
ブログ

収納

大塚 美貴

大塚 美貴

暑くじめじめした日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
この3連休も猛暑日が続き、ちょっと外に出るだけで溶けてしまいそうですが、
水分補給をきちんとして熱中症には気を付けてくださいね。
 

今回は、子供のおもちゃの収納について少しお話させて頂きたいと思います。
 
私自身、2歳になる子供がいるのですが、絶賛イヤイヤ期でおもちゃの片付けをしてくれず、
寝る前に私が片付けるという日が続いています。
 
そんな時、たまたまニュースを見ていて、家事代行サービスについての特集をしていました。
よく料理などの家事代行は聞いたことありましたが、片付けの家事代行もあるらしく、子供が
なかなか片付けが出来ないということで、片付けの家事代行を頼むというものでした。
 
片付けの家事代行を行っている方は、整理収納アドバイザーの資格を持っていて、子供が
自分で片付けできるようになるためには、ポイントが3つあるとおっしゃっていました。
 
そのポイントとは、
,發里僚个憩れが、スムーズにできる
 引出しにおもちゃが引っ掛かって出し入れしづらかったりすると、その時点で子供は片付けが
 嫌になってしまうそうで、簡単に出し入れできる工夫をしてあげると良いそうです。

∈戮く仕分けすぎない
 分類ごとに細かく分けすぎると、子供にとっては難しく嫌になってしまうので、ある程度大雑把な
 ジャンルごとに仕分け出来るよう、収納する引出しや箱にラべリングなどをしてあげると良いそうです。
 
収納のレイアウトは、少し囲うような形で置く
 広いリビングの壁際などにただ収納スペースを設けるのではなく、収納の棚などで
 少し囲われたスペースがあると、子供は自分のスペースが出来たと認識して、そのスペースの中で
 遊ぶようになり、きちんと自分で片付けするようになるそうです。
 
実際このポイントの通り収納の仕方に変えてみると、子供が自分で片付け出来るようになりました。

 
家づくりにおいて、どこに収納をつくるかも大切なことですが、何をどこにどうやって収納するかも
考えておくことも大切です!
なかなか出来あがっていない過程で考えるのは大変ですが、一歩踏み込んで収納について
考えてみるとさらに良い家づくりにつながると思います。

最近では、ブログやインスタグラムなどでも、様々な収納術が紹介されているので、
私もチェックして勉強させてもらっています!

■■□―――――――――――――――――――□■■

     一つ前のブログを見る
   ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■