STAFF BLOG
メイン画像
2018.08.10
ブログ

彦根城

深治 禎昭

深治 禎昭

暑中お見舞い申し上げます。

アイスの食べ過ぎで体重増加中の

住宅事業部 深治ですが、

夏前に家族で彦根城に行って来ました。

 

彦根城は、名門・井伊家が徳川家康の命で建てた国宝の名城です。

お城も大きいですが、大名庭園「玄宮園」や国の名勝「楽々園」など内堀・外堀含め

とにかく敷地が大きい!まともに見て回ったら軽く1日かかります。

 

当然、お城とは敵の侵入を防ぐために築かれた大規模な建造物ですので、

たどり着くのも一苦労で、長いお堀や丘陵を超えて、ヘトヘトになってやっとお城にたどり着きました。

いざ天守閣!と思ったら城に入るのに2時間待ちということで中には入りませんでしたが、

小高い所から見る彦根市の街並みは綺麗でした。
 

 

近くで見る白い彦根城は美しかったです。

お城の白い壁は漆喰であり、石灰を使っているので火に強く、

当時の最新技術を使ったそうです。

お城と言えば白色ですが、ちゃんと理由があったんですね。

 

攻撃を受けにくくするための窓の格子だったり、

敵が攻め入っても、階段を上がって敵を、上から突き落せるように急角度(62度)
になっていたりと随所に
敵から守り攻撃しやすい工夫があり、

戦うということについてこだわり抜いた建物でした。

 

住宅では戦うことは想定しませんが、

雨・風・地震等、自然現象から守り、快適に過ごせるために、

適材適所材料を配置し、知恵を絞り設計をしていかないといけないと思いました。


 

ちなみにお堀の白鳥とウチの次男坊です。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

     一つ前のブログを見る
   ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■