STAFF BLOG
メイン画像
2020.07.24
ブログ

縁起を担ぐ

水野 剛久

水野 剛久

こんにちは。営業部営業課の水野です。

 

梅雨がなかなか開けずジメジメ、ムシムシと寝苦しい毎日と

 

なっております。湿度が高く高温、高湿となりますので

 

皆様お体にお気をつけてください。

 


最近ですが上棟式、地鎮祭及びお引渡しがあり、

 

いつも縁起が良い日や贈答品を選定するのにいつも悩んでおります。

 

縁起の良い日や良い物として日本古来から「縁起を担ぐ」という慣しがあります。

 

その中で松竹梅(しょうちくばい)は慶治や吉祥のシンボルとして

 

日本古来から祝い事の席や引出物などの意匠にも

 

多く使われて参りました。
 

 

もともとは中国の「歳寒三友」が日本に伝来してきたものであり

 

松は常緑樹で1株に雄と雌を有するので古来から神聖な木とさせて

 

きました。

 

竹も常緑樹で次々に新芽が出ることからも子孫繁栄の

 

象徴でもあります。

 

梅は寒い時期に花を咲かせまた、樹齢が高くなっても花をつける

 

ことが出来ることからも長寿の象徴となっていいます。

 

 

今後贈答品として松竹梅を織り交ぜてお渡し出来たらと感じています。



 

弊社では先日の23日(木)〜26日(日)と照手モデルハウス見学会及び

 

販売会を実施しております。



 

弊社では「予約制」とさせて頂いており、従業員について

 

除菌後の手袋着用、マスクの取り付けし接客前後の除菌及び離隔の

 

考慮した体制を取っております。

 

皆様の土地及びお住まいのお手伝いをさせて頂きたく今後とも

 

宜しくお願い申し上げます。