STAFF BLOG
メイン画像
2019.03.01
ブログ

家事の合間にほっと一息。大人気のママコーナー

清水 瑛莉奈

清水 瑛莉奈

「一人で台所に立って、料理作って。家族はご飯を食べ終わると
さっさと2階に上がっちゃうし、洗い物をしながら本当に孤独!
私は飯炊きババアじゃない!!」

これは、ちょっと前の出来事になりますが、母が私と父にこぼした一言。

我が家は50代の父母と80代の祖母の4人暮らしです。
(2個違いの兄がいますが、兄は県外で一人暮らしをしています。)

その当事、母は更年期ということもあり、精神的にナーバスになっていたところも
ありますが、すべてを母に任せてしまった事に、父も私も大反省をしました。

特に福井は共働きが多く、仕事で疲れた身体で家事に向かうのは
とっても大変!休みの日にも休みじゃない家事労働は本当に大変ですよね。
20年以上、家族のために働きながら今まで愚痴一つこぼさずに家事全般をこなしてくれた
母の大噴火に、改めてその大変さが身に沁みました。

そんな働くママが家事の合間に休憩ができるママスペースを取り入れるご家庭が
増えているので、そのアイディアを一例ですがご紹介いたします。




エーシンで家を建てていただいた福井市にお住まいのK様のお宅。
キッチンすぐ側にママカウンターを設置。
K様は趣味でアロマワックスの教室をされており、そのスペースとしても
大活躍しています。


続いて福井市Y様邸。階段の踊り場スペースを
ママコーナーにもスタディコーナーにもなるカウンターを設けました。




こちらは本棚が充実しているので家事の合間に
読書を楽しむ事ができそうです。

ちょっとしたアイディアで一息できるスペースを造ったり、ご家族が
率先して手伝える動線を作る事も可能です。現在のお住まいの不満を
ぜひお聞かせ下さい。せっかくの家づくり、楽しみながら進めていきましょう。

■■□―――――――――――――――――――□■■
     ブログ一覧を見る
   ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■

2018.12.15
建築レポート

「ライフスタイル」記事 更新しました! -お客様実例インタビュー-福井市 K様邸

清水 瑛莉奈

清水 瑛莉奈

エーシンでお建ていただいたお客様のお住まいを訪問してみましょう。

-お客様実例インタビュー-

福井市/K様邸

家族構成/夫婦+子ども2人
敷地面積/336.69屐101.84坪)
延べ床面積/149.04屐45.08坪)

今年(2018年)の9月に完成したK様邸。ご入居後、約2ヶ月経った現在の住み心地や
家づくり当事のエピソードについてお話いただきました。

エーシンとの出会いは、昨年(2017年)の夏。
エーシングループの家づくりにご尽力いただいている大工さんによるご紹介がK様との最初の出会い。
土地から探されていたK様は、エーシンの売り地を気に入っていただき、そこから
エーシンとK様との家づくりのお付き合いがスタートしました。
 

「素朴でかわいらしい雑貨屋さんのような家にあこがれていました。」

 

アンティーク小物が好きな奥様。ご自身も趣味で「アロマワックス(火を使わないアロマ)」の教室を
自宅で行いたいと考えていらっしゃいました。キッチン横のカウンターコーナーは
趣味スペースとしてもお子様のスタディスペースとしても大活躍。素材も自然素材にこだわり、時と共に味わいが増すような暖かな空間に仕上げました。



 

スタディコーナー

キッチンの横には、広々としたスタディスペースを造作。Kさんの趣味である「アロマワックス(火を使用しないアロマ)」を楽しめる場所としても活躍中。アロマの心地よい香りが部屋中に広がり、家族の癒しスペースになっているそう。また、子どもが宿題をしたり絵本を読んだりしている姿を、料理をしながら見守ることができ、親子のコミュニケーションも自然と増えたと笑顔で答えていただきました。

 

「居心地の良い広々リビングが家族の一番のお気に入りスペースです」


リビング・ダイニング

基本リビングで過ごす事が多いというK様のご意向を組み、12帖の広々としたリビング空間をエーシンが提案。
オープンキッチンにすることで、LDKの統一感をもたらすことができ、すっきりとおしゃれな印象に。木材×ホワイトのナチュナルな雰囲気をベースに、ご入居後は家具にこだわり、「ブルー」のソファで爽やかさをプラス。シンプルな空間を活かした、K様お気に入りのコーディネートでお気に入りの場所になっているとのことです。


対面キッチン

対面キッチンからは1階の部屋中を見渡すことができ、子どもがどこにいても安心。間仕切りを極力なくしたオープンな造りで、家族との会話も弾みそうだ。リビング階段も採用し、自然と家族がリビングに集う工夫を。子どもが大きくなってもコミュニケーションができる設計を行いました。


 

和室

リビングに併設した和室は、客間としてはもちろん、子どもと一緒にお昼寝したり、遊んだりと、フレキシブルに活躍。障子を開け放てば、リビングとつながる伸びやかなスペースが生まれる。大きな窓からたっぷりの光をとりこんだ気持ちのよい空間です。




玄関スペース

収納部分はたっぷり持ちたいというK様のご要望に応え、収納を十分に備えた玄関スペース。ご自宅でアロマの教室をされているので、「大容量の靴棚に家族皆の靴を一気に片付けられ、生徒さんがやってきても安心です。」と収納量に満足の声をいただきました。タタキにはタイルを貼り、モダンな印象に。靴箱の上には幅広のスリット窓を配し、明るい光をとりこめるように提案させていただきました。


外観



記事作成:不動産事業部 企画課 清水 瑛莉奈

その他にもお施主様のインタビュー記事をまとめております。
下記のリンクからチェックしてみてくださいね。

ライフスタイル記事はこちら!
2018.11.02
ブログ

みんな仲良し!不動産事業部! -Part 1-

清水 瑛莉奈

清水 瑛莉奈

こんにちは、エーシン不動産事業部の企画課の清水です。

今回は何のブログを書こうかと悩みに悩み・・・
そうだ!エーシンで働いているスタッフの紹介をしよう!と思い立ち、
まずは私のデスクのすぐ近くに座っている賃貸課・企画課メンバーのご紹介をさせて頂きたいと思います。(*・ω・)ノ


写真左から、賃貸課の中村・山本、企画課の松村です。
賃貸課の中村と山本は本当に親子のように仲が良く、仕事の報告の様子も
まるで母と息子の会話のよう。notes

中村が定期的にお菓子を私たち若いスタッフに配ってくれるので、
仕事の合間におやつタイムと雑談を楽しみ、リフレッシュをしています。
(ただ、最近おなかのお肉が気になってきているので、運動をしなければ!とひそかに感じています。笑)

山本は私の弟分のごとく、私の冗談話によく付き合ってくれます。
尚、エーシンの事務所のお向かいで飼っているマリちゃんというワンちゃんがいるのですが、
そのマリちゃんと山本が本当にそっくり!
愛されわんこキャラで、私だけでなく、エーシン営業スタッフにもいじられながら、毎日がんばっています。





企画課の松村は、今年の4月から入社してきた私の後輩です。デザイン系の大学出身ということで
デザインソフトを使ったチラシの作成はとっても上手!
センスの無い私はとっても助かっているのです・・・が!
どうもエクセル・ワードは苦手な模様。(あと計算も・・・)
上の写真は先輩スタッフの二人に教えてもらいながら、時には笑われながら、データの集計に苦戦している図です。(汗)がんばれ、松村さん!!

以上、今回のブログでは3名の紹介でした。次回は不動産事業部の営業スタッフの
紹介ができればと思っております。他のスタッフのブログでもスタッフの人間味や仕事の
様子が分かりますので、よければ下記のリンクから、過去のブログもご覧ください。
それでは、次回のブログまでぜひお待ち下さい。(^^*)

■■□―――――――――――――――――――□■■

     一つ前のブログを見る

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■

2018.06.16
ブログ

ご入居者様インタビュー vol.1 あわら市Y様邸

清水 瑛莉奈

清水 瑛莉奈

こんにちは。不動産事業部 企画課の 清水です。

本日は、昨年の11月にお引渡しをしたあわら市にお住まいのY様の
お宅に取材に行ってまいりました!



Y様には当社の見聞会の会場としても昨年使わせていただき、今回も
快く取材に応じていただきました。本当にありがとうございます。

お家づくりを検討される前はアパートにお住まいだったY様ご夫妻。
アパートと現在のお住まいとの違いは?という質問に、
奥様は「キッチンが広々と使えるところ。切るスペース・料理を置くスペースが
分けられているのが大満足です。」とのこと。

お家の中でどこが一番お気に入りですか?という質問には、
奥様はカウンター・ご主人様はリビングのソファを上げられました。

奥様こだわりのステンレス製のキッチンとバーカウンターがカフェのような
空間を演出し、日中はカウンター席でお料理本を読まれるのが奥様の
楽しみなんだとか。




リビングでソファに寝転びながらご主人様もくつろぎの時間を
楽しまれているそうです。

現在、2階はほとんど使わずに1階部分のみで生活しているそうで、
思い思いのお気に入りの場所で暮らしを楽しんでいる様子に私自身も
うれしく感じました。

今はシロップ作りなど、料理を楽しまれている奥様。
今作っている梅酒とレモンシロップを見せていただきました。
業務中でなければいただきたかったぐらい・・・(笑)。


本日、取材させていただいた内容の詳細は当社の
サイト内の「建築実例」やWEBサイト「くらしく※」にて今後、情報を掲載していく予定です。
まとまり次第、皆様にお知らせ致しますので、
今しばらくお待ちくださいね。

※くらしく とは
福井で働く女性に、「暮らしの魅力」を発信する、女性応援情報サイトです。
日々の暮らしを、「もっと楽しく」、「もっとステキに」、暮らしの役立つ情報や、憧れる生活スタイル、地域の情報などをアップしています。



くらしくサイトリンクはこちら↓
http://kurashiku.fukui.jp/

■■□―――――――――――――――――――□■■

     一つ前のブログを見る

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■



 
2018.05.26
ブログ

社員写真撮影

清水 瑛莉奈

清水 瑛莉奈

今日、ホームページに掲載する社員写真の撮影を行いました。

エーシンでは、プロのカメラマンにお願いし、撮影していただいています!



新入社員は、ドキドキな面持ちで、他のメンバーが撮影しているのを見つめています、、、
本格的な器具や、カメラなど興味津々です!




どのような写真が出来上がるのか楽しみです!
スタッフ紹介に新たなメンバーが加わるのをどうぞお待ちください♪

■■□―――――――――――――――――――□■■

     一つ前のブログを見る

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■

2017.11.23
ブログ

時代は変わった!?今やインスタグラムで家を検討する時代!?

清水 瑛莉奈

清水 瑛莉奈

皆様、こんにちは。エーシンで企画・広報を担当している
清水です。

いつも新着の土地情報や、見学会などのイベント情報を
ホームページに上げているのは、実は私だったりします。

業務上、皆様がどんなイベントだったら来たいと思うかなーとか、
家づくりを考えている方はどういう情報が欲しいと思っているのかなーとかを
考えながら、業務に向かっている訳なのですが、
残念なことに私は保守的で頭でっかちな性分(汗)。

昨今のめまぐるしい変化に戸惑いつつ、なんとかそのスピードに
置いてかれないように奔走している私が最近驚いたことは、
最近の若い人たちのほとんどがインスタグラムを活用していること!Σ(゚ロ゚」)」

さらに、家づくりの参考にインスタグラムの投稿を見る若いママも
多いそうなのです!!Σ(゚ロ゚」)」Σ(゚ロ゚」)」
 


■インスタグラムってなに???


インスタグラムというのは主に「写真」をいろんな人と共有する
SNS(友人や共通の趣味を持つ人達とインターネット上で繋がるツール)で
スマホで撮った写真や動画にちょっとしたコメントを付けて
気軽にポチっと投稿をすることができます。

たとえば、
「玄関ポーチ」をどんな風にしたらいいかな・・・?と悩んだときに
玄関ポーチについてインスタグラム内で”検索”すると、
3000件もの施工事例やお家に合うインテリアなどがズラーっ見ることができます。

「ステキなお家にしたいけど、自分達でデザインを考えるのって難しい・・・。」

そんな方々の強い味方になっているそうですよ。(*^^*)
他にも「収納アイデア」で検索すると
今暮らされている方々の収納の仕方を参考にすることができます。
ふつうにインターネットで検索するより
暮らしのアイデアをよりリアルタイムに見られるのも人気の理由かもしれませんね♪
 

エーシンでも最近インスタグラムを始めました!当社で実際に
家を建てていただいた施主様宅からモデルハウスまで色々な写真を
アップしているので、よければお時間あるときにチェックしてみてくださいね〜。