STAFF BLOG
メイン画像
2018.06.29
ブログ

梅は食うとも核食うな中に天神寝てござる

藤田 航平

藤田 航平

湿気が体にまとわりつく不快感に耐えながら、夕食の食材を買いにスーパーへ入ったところ特設「梅」コーナーに出くわしました。
袋に入った梅の山と、梅酒と梅シロップのレシピ。
 
梅雨というだけに梅の季節だなーと思いながらよく見てみると、福井梅に紀州梅、剣先だとか紅映だとか新平太夫だとか聞き覚えのない種類がたくさん・・・
 
梅に関してはド素人なので、その場で調べてみると・・・
福井梅の品種として「剣先(けんさき)」「紅映(べにさし)」「新平太夫(しんへいだゆう)」があるようです。剣先は梅酒や梅シロップに向いている、紅映は梅酒や梅干に向いている、新平太夫は梅干専用の品種など・・・。そしてクエン酸の含有量はトップクラス。知れば知るほど奥深き梅の世界。
 
親切なことに、氷砂糖、ホワイトリカーまで一緒に置いてくれていたので、梅雨をクエン酸で乗り切るためにも梅シロップを作ってみることにしました。
 
レシピを見ながら、梅と氷砂糖を交互に入れて酢を少し入れて出来上がったのがこちら。
 
 


約1週間程で梅の成分が外に出てくるようです。
 
旬の食材は季節外れの食材と比べて、栄養価が倍らしいです。旬の梅の力を借りて、今年の梅雨と夏を乗り切らねば。
 
皆様も夏バテ防止に、旬の食材の梅はいかがですか?

■■□―――――――――――――――――――□■■

     一つ前のブログを見る

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■

2018.06.29
ブログ

楽しいガーデニング

芳沢 敦男

芳沢 敦男

こんにちは!
エーシン工務の芳沢です!

エーシン本店は去年の夏に新築オープンしたできたてほやほやなのですが、
打合せ室に面したお庭に異変が生じました。

去年は青々としてた芝が一向に茶色いままなのです。
一般的に芝は冬に一旦枯れたような状態になり、
冬の間は眠り、春になると復活するのですが、
エーシンの芝は眠ったままご臨終なされました。

原因は、、、私です。
去年の秋、新しく購入した芝刈り機がうれしくて、
ついつい刈りすぎてしまったみたいです。
芝の生命力をもってしても、復活は叶わなかったようです。

ということで、今回は責任を取り、芝の張り替えをしました!

芝を植えるのは実は簡単で、おすすめです!

まずは土を均し、綺麗な水平の盤を作ります。
その際、目土用に土を別にとっておきます。
ふかふかの土よりも、ちょっと締まってるほうが施工しやすいので、
脚で踏み固めることもポイントです。
できた盤にあらかじめ肥料を撒いておきます。

そこに芝を並べていきます。
少しぐらいの隙間は芝の成長で埋まっていくので大丈夫です。

次に芝同士の隙間を重点的に土を詰めていきます。
これが目土ですね。
これをしっかりすることで、芝が成長し、全体がつながっていくので、
じつは重要なポイントです。

最後に全体的に土と肥料ををまぶせば完成です!

まだ土に隠れている芝も、これからどんどん成長し、
青々とした綺麗な芝生になっていくので、
エーシンにお立ち寄りの際には、ぜひ見ていってください!

DIYやガーデニングで住まいはもっと豊かになります!
そのなかでも芝生は施工しやすく、
見栄えもよくなり、とても気持ちのいいものなので、
ぜひトライしてみてください!!

■■□―――――――――――――――――――□■■

     一つ前のブログを見る

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■

2018.06.29
ブログ

梅雨…!

西川 知美

西川 知美


こんにちは!設計課の西川です。


関東甲信地方は早くも梅雨明けが発表されましたが、北陸は梅雨真っただ中ですね…。

雨やくもりの日は特にジメジメ、晴れたら晴れたで真夏日…。

この時期はなかなか過ごしにくい、身体も心もしんどい季節ですね…。


お部屋がこもっているなー、ムシムシ暑いなーというとき、

みなさん窓を少し透かして換気扇を回したり、

あるいは冷房をつける方もいらっしゃるのではないでしょうか。


部屋の中の空気を循環させたり、

冷房で空気の温度を下げたりすることで、快適になる…はずですが…

ムッとした感じは和らいでも、身体にまとわりつくような不快感…。

やっぱり厄介なのは湿度ですよね…。このジメジメ感。


そしてこの時期に限らず、福井は全国でも年間を通して湿度が高い地域。


外の湿気を家の中に取り込まないのが一番良いのですが、

窓を開けたり、換気扇をまわしたりすると入ってきてしまいます。

(湿気を調整しながら換気する機器などもあるにはありますが…)


ジメジメするなぁというときには、除湿機はもちろん、

エアコンの除湿(ドライ)機能を使うことでも、湿度を調整できます。


実は同じ温度でも湿度が高いと暑く(暖かく)、低いと寒く(涼しく)と感じます。

不思議ですよねー!


なので湿気が原因の不快感であっても、ついつい冷房温度を下げてしまう方も多いのですが、

かえって身体をこわしてしまう原因にもなりますので、不快だなと感じるときには、

お部屋の温度だけでなく、「湿度が適切かどうか」、意識してみると良いかも知れません!



平年どおりであれば、梅雨明けまで3週間から1カ月…。

ぜひ「湿度」ともうまく付き合って、まずはこの梅雨を乗り切りましょう!

■■□―――――――――――――――――――□■■

     一つ前のブログを見る

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■

2018.06.22
ブログ

人生初の出張!

山本 恭生

山本 恭生

こんにちは。不動産事業部の山本です。
今回、人生初の泊まりがけの出張に行かせていただくことになりました!
社会人になって初めてということと、上司や先輩方が行っていた出張にあこがれがあったので、
いまからわくわくしています!
この研修でスキルアップして、学んだことを皆さまにお伝えしていければと思います!
では行ってきます!

■■□―――――――――――――――――――□■■

     一つ前のブログを見る

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■

2018.06.16
ブログ

ご入居者様インタビュー vol.1 あわら市Y様邸

清水 瑛莉奈

清水 瑛莉奈

こんにちは。不動産事業部 企画課の 清水です。

本日は、昨年の11月にお引渡しをしたあわら市にお住まいのY様の
お宅に取材に行ってまいりました!



Y様には当社の見聞会の会場としても昨年使わせていただき、今回も
快く取材に応じていただきました。本当にありがとうございます。

お家づくりを検討される前はアパートにお住まいだったY様ご夫妻。
アパートと現在のお住まいとの違いは?という質問に、
奥様は「キッチンが広々と使えるところ。切るスペース・料理を置くスペースが
分けられているのが大満足です。」とのこと。

お家の中でどこが一番お気に入りですか?という質問には、
奥様はカウンター・ご主人様はリビングのソファを上げられました。

奥様こだわりのステンレス製のキッチンとバーカウンターがカフェのような
空間を演出し、日中はカウンター席でお料理本を読まれるのが奥様の
楽しみなんだとか。




リビングでソファに寝転びながらご主人様もくつろぎの時間を
楽しまれているそうです。

現在、2階はほとんど使わずに1階部分のみで生活しているそうで、
思い思いのお気に入りの場所で暮らしを楽しんでいる様子に私自身も
うれしく感じました。

今はシロップ作りなど、料理を楽しまれている奥様。
今作っている梅酒とレモンシロップを見せていただきました。
業務中でなければいただきたかったぐらい・・・(笑)。


本日、取材させていただいた内容の詳細は当社の
サイト内の「建築実例」やWEBサイト「くらしく※」にて今後、情報を掲載していく予定です。
まとまり次第、皆様にお知らせ致しますので、
今しばらくお待ちくださいね。

※くらしく とは
福井で働く女性に、「暮らしの魅力」を発信する、女性応援情報サイトです。
日々の暮らしを、「もっと楽しく」、「もっとステキに」、暮らしの役立つ情報や、憧れる生活スタイル、地域の情報などをアップしています。



くらしくサイトリンクはこちら↓
http://kurashiku.fukui.jp/

■■□―――――――――――――――――――□■■

     一つ前のブログを見る

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■



 
2018.06.08
ブログ

鎮物について

浜頭 圭佑

浜頭 圭佑

こんにちは。
エーシン工務課、新入社員の浜頭です。
現在、先輩方に同行させていただき、仕事をいち早く覚える日々を送っているのですが、そこで私が学んだことなどを書いていきます。今回は鎮物についてです。

建物を建てる際、あらゆる工事の着工の前にはまず『地鎮祭』というものが行われます。これは、土地の神様に土地を利用することの許しを得る祭儀であり、土地を祓い清め、工事の安全を祈願します。
この儀式の後、祓い清められた『鎮物』を神主さんより渡されます。

         

今回、使用されたのはこのような御札タイプのものです。北東と南西に存在する鬼門に二か所、東西南北中と書かれた5枚の紙をそれぞれの位置に埋めていきます(この際、建物の基礎の立ち上がりに入らないであろう位置へ埋める)。鎮物にも種類があり、一つの箱を建物の中心となるように埋めるものや、各方向に水晶玉を埋めるものなどもあります。

            

鎮物が確認されているもっとも古い記録は日本書紀らしく、約1300年ほどの歴史があることになります。長い時間をかけて続けられたものを、こうして関われるという事実に、建築というものは、本当に学ぶこと、学べることが尽きない世界だと改めて実感をしました。


 

■■□―――――――――――――――――――□■■

     一つ前のブログを見る

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■

2018.06.08
建築レポート

断熱材工事

井上 法彦

井上 法彦

こんにちは、住宅事業部の井上です。
 
本日新社屋にて断熱材工事が行われていました。
 
当社で施工されている断熱材は水発泡系の断熱材で
壁に吹き付けるとモコモコ膨らんできます。

 
 
 

水発泡系の断熱材はガラス繊維系の断熱材に比べると隙間なくびっちり施工でき、
断熱性能も高いのでおすすめです。

 

断熱材は住宅性能の要ですから、常により良いものを探して採用していきたいですね。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

     一つ前のブログを見る

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■