STAFF BLOG
メイン画像
2021.06.25
ブログ

おうちラボについてご紹介!

川中 真人

川中 真人

皆さんこんにちは!!!
 
エーシンホームの川中です。
 
最近は、どんどんと気温も上がり、夏が近づいてきたな〜と思ったら、
急に肌寒くなったりと、温度変化が激しい季節になってきました。
 
私の住んでいるアパートでも、帰ったら家の中がムワっとしていて、
安心して野菜を冷蔵庫の外に置いておけないのでちょっと困ってしまっています。


皆様はお家に帰ってきたときに、家の中が暑かったり、寒かったりするとどのように思いますか?
 
私は、家に帰ってきて「暑い!!」「寒い!!」と感じると、とてもいやな気分になってしまいます。
 
家づくりを考えている方の中でも、そういった住宅会社の断熱性や
気密性といった性能についてのお話は、特に多くの方が気にされていますね。
 
特に私たちの会社は土地も多く扱わせていただいているので、
「土地はいいけれど建物はどうだろう・・・」
「条件付きだけど建物も妥協したくない・・・」
というように考えている方も多くいらっしゃいます。
 
私たちとしても、土地の満足度も当然大事だと思いますが、
やはり建物についても納得したうえで決めていただけるのが理想だと思っております。

 
そういったエーシンの建物について、よりお客様にご理解いただけるようにするためにご用意させていただいている施設として、
「おうちラボ」がございます。
 
おうちラボは、エーシンホーム本社(福井自動車学校西側の建物)にて、
私たちが使っている断熱材や構造、設計の考え方、エーシンホームの家づくりってどのように行っているのかを実際に使用している建材などを用いて紹介する施設です。
 


上記の写真のように、建物の構造について、実際に使用している部材などを見学する専門の施設は、
福井県の住宅会社では珍しいのではないかとも思います。
 
家づくりの中でも、口頭で説明されても理解できないことや、なんとなくわかった気になっているもの等、皆さんあやふやになっているものなどあるのではないでしょうか。
 
そういったもやもやを解決したい、実物も見てみたい、という方にはおうちラボはおすすめです。
 
皆様もお家づくりをもっと知るために、一度おうちラボに来てみませんか??
(詳しいご案内・見学予約はこちらから)
2021.06.24
ブログ

分譲地のメリット・デメリット

宇野 憲明

宇野 憲明

エーシンでは、大型の宅地分譲地開発を行っています。
最近では、板垣(元ジュニアグラウンド)や若杉(元知事公舎)、東郷、丸岡町巽町にて、道路や水路、公園などを整備して、幾つもの宅地を造成し、分譲する事業を行っています。
 
今回は、その分譲地にはメリット・デメリットもあるので、少しですがお伝えしたいと思います。

 
そもそもですが、分譲地というのは、不動産会社などが所有している土地を、区画を分けて販売している土地になります。
弊社の場合もいえるのですが、グループ会社(エーシンホーム・永森建設)といった住宅建築会社で建築をしなくてはいけないといった「建築条件付き土地」であるケースも多くあります。
 
これは、今からお伝えするメリット・デメリットにも関係してくるのですが、分譲地全体で同じような住宅が広がり、統一感のあるコンセプトでの街づくりを行うための一つの理由でもあります。

( ↓ 東郷分譲地に建物が建った際のイメージパースです )

 
 
それでは、
分譲地のメリットとして・・

1.統一感のある街並みで景観が美しくなる。(地価・付加価値が上がる)
2.道路も整備され、均衡のとれた区画(土地)であり、駐車スペースの確保や隣地との間隔を保つ
   ことができる。
3.インフラが整っており、境界も明確なため安心できる。
4.同時期に新しく住宅を建築入居するため、ご近所付き合いの面でも馴染みやすく、親しくなりや
   すい。
5.同じようなコミュニティにより、防犯性が高くなる。
 

分譲地のデメリットとして・・

1.建築条件が指定されていることが多く、建築会社によっては間取りや設備、規格などが決まって
   おり、好きな建築会社や工務店で建てられない可能性もある。
2.方角や角地などにより、人気の区画はすぐに埋まってしまう可能性もある。
3.人によっては近所付き合いが辛く感じることもある。
 
 
以上のようなメリット・デメリットもありますし、同じ分譲地内でも区画によって土地の状況にも差があり、価格も変わってきます。
先ほどお伝えしたように、人気の高い区画はすぐに売れてしまうことも多いのです。

しかし、限られたご予算の中でも、敷地条件を上手に活かした設計をすることで、美しく整備された暮らしやすい分譲地で、ご自身の想いの詰まった住み心地の良い「好きな家」をつくることは十分できます。
分譲地のメリット・デメリットを知って、納得いく土地選びをしましょう。


 
 
2021.06.17
ブログ

土地の探し方について

木村 洸介

木村 洸介

 

皆さんこんにちは!エーシンホーム営業課の木村です。
今回は『土地の探し方』について書かせていただきます。

皆さんは土地を探すときはどのようにして土地を探しますか?


 

不動産業者に問い合わせをする方もいらっしゃれば、ネットで調べたりする方もいらっしゃると思います。


このように土地を探すこと自体は簡単ですが、難しいのは土地を決めることではないでしょうか?
一生に一度そこに住み続け、お子様にとってはそこが実家になるわけです。
私が今までにお話させていただいた方々も、土地を決めきれずに悩んでいる方が多くいらっしゃいました。

ではどうすればいいのでしょうか?


私たちはそのような悩みを解消するのに
「土地ヒアリング」をさせていただいております!



具体的に4つの項目に分かれます。

 .┘螢
 ・具体的なご希望の地域
 ・ご実家・仕事場からの距離 等をお聞きします。

◆〇餠
 ・(土地だけでなく建物も建てる場合)総額はいくらで考えているのか
 ・毎月いくらぐらいまでに抑えたいのか 等をお聞きします。

 時期
 ・いつまでに引き渡しを受けてご入居されていたいか
 ・アパートの更新のタイミング
 ・子どもが小学校に入学するまでにしたい…などその時期を希望される理由 等をお聞きします。

ぁ.薀ぅ侫好織ぅ
 ・どのような環境で過ごしたいか
 ・駅や学校、スーパーの距離など周辺の住環境 等をお聞きします。


以上の4つのポイントに絞って土地探しをしていき、土地のご提案を行っています。


これから土地探しをされる方、土地を決めきれずに困っている方、
それ以外の方でも話を聞きたい、という方はお気軽にお問い合わせください!

皆様のご来場心よりお待ちしております!

2021.06.11
ブログ

お客様の声〜引き算で導き出したスッキリ心地いい住空間〜

長谷川 泰可

長谷川 泰可

こんにちは、企画課 長谷川です。
今回はエーシンホームで住まいを建てられた方の声をご紹介します。




ミニマリストの暮らしに憧れるご夫婦。
「余計なものを引き算して、本当に必要なものだけを残しました」と、ご主人が語るのがこの住まい。
LDKの家具はダイニングテーブルとソファのみという潔さで、生活用品もキッチンとパントリーにまとめて収納。
収納量以上の食器は増やさないと決めているそうです!
リビングは土間の中庭ともつながっていて、BBQや子どものプール遊びといった家族の楽しい時間を演出します。
生活感を感じさせないシンプルな空間が広がるH邸ですが、その住まいは家族の温もりであふれていました。

≪住まいDATA≫
福井県 H様邸
家族構成:ご夫婦+お子様
敷地面積:221.28m²(66.93坪)
延床面積:119.24m²(36.07坪)
 


スタイリッシュな外観。1階から2階までひとつながりのように見える窓が、デザイン性をより高めています。



壁のニッチを利用したCD収納が空間のアクセントになっています!



囲まれた中庭は、外からの視線を気にせずくつろげる家族のプライベート空間。

 


リビングにつながる和室。今はキッズスペースとして使われていて、子どものおもちゃもリビングにあふれ出ないそう。

 


サンルーム、クローゼット、洗面所、浴室が一列に並ぶ効率的な家事動線を叶えているH邸。
キッチンの隣に水まわりが一列に並ぶ間取りは、爐覆ら家事瓩發靴笋垢け様想いのつくりに。
暮らしやすさが、スッキリとした住まいを支えています。

 


中庭に向けて視線が抜ける広がり感のある玄関。