STAFF BLOG
メイン画像
2022.07.07
ブログ

オフシーズンに引っ越すメリットとは?

畑 晋之介

畑 晋之介

こんにちは!
不動産開発事業部 賃貸課の畑です。
今日は、皆さんに「オフシーズン」に引っ越すメリットについてお話し致します!
皆さん、賃貸住宅の繁忙期をご存知でしょうか?
 
一般的に2月〜4月(大学生や新社会人の新生活)、9月〜11月(会社での人事異動関係)となっています。
逆にそれ以外であれば閑散期かと言うとそうでもありません。
まずは、賃貸業界の1年間の動きを説明いたします。
 
1月〜3月…引っ越しシーズンの真っ只中なので、退去した後にすぐ部屋が決まることが一般的です。内見もじっくり見ることが出来ず、吟味しない状態でお部屋の契約をする方もいらっしゃるぐらいです。この時期に物件探しのスタートダッシュが遅いと希望エリアの物件がない場合があります。対策としては先々を見据えて事前に物件探しするのがオススメです。

4月〜6月…お部屋探し自体が少し落ち着く頃となります。ただし1月〜3月の期間でお部屋が見つからなかった方もいらっしゃいます。ゆっくり探されたい方はこの時期から探し始めるのをオススメ致します。

7月〜8月…年間を通して一番落ち着く時期になります。繁忙期とは違い内見もじっくり見ることが出来、自分の中で納得した上で入居される方が多いです。内見するには私としては一番いい時期だと思います。

9月〜10月…企業の人事異動による転勤が多くありますので、秋も少しだけ慌ただしくなります。物件の数も少なくなります。

11月〜12月…秋の繁忙期も終わり、皆さんゆっくり物件の情報収集をし始めて、年明けに本格的に内見を始めていきます。
 
以上が賃貸の1年間の大まかな動きになります。
 
一般的に6月頃〜9月初旬頃が賃貸のオフシーズンだと思われます。
メリットとして

1.ゆっくり物件を内見することが出来、後悔しない物件探しができる。
2.引っ越し業者もオフシーズンになるので、ゆとりのある引っ越しスケジュールを立てることが出来ます。
3.物件によっては値段交渉やフリーレント可能が増えてきます。

 
これから探される方は是非エーシンまでご相談ください。
https://www.eshin-eshin.co.jp/rent/
こちらからお問い合わせの程お待ちしております。