STAFF BLOG
メイン画像
2018.03.23
建築レポート

新社屋 基礎鉄筋

中橋 正憲

中橋 正憲



こんにちは、住宅事業部 中橋です。

暖かい日が続いたと思えば・・・又寒さがすこしもどり
関東には雪??どうなっているのでしょう・・・今年の天気は・・・

新社屋の基礎も仕込みの水道と電気の配管が終わり、鉄筋組(ベース部分)がほぼ完了しました。
いつもの住宅と同じ組み方のベタ基礎になります。
地盤自体の改良工事を施していますので、実際はこんな頑丈な基礎は必要ないですが、
頑丈に越した事はないですしね、いつもと同じように進めています。

水道工事もここ20年くらいで変わってきました、給水配管の種類も 鉛管、鉄管から塩ビ管に・・・
今は建物内部は架橋ポリエチレン管を使用しています、ずいぶんと耐久性が高くなったと思います。
それにヘッダー配管の採用(ヘッダーより各端末の水栓まで直接配管されています)で
維持管理のしやすさや湯待ち時間の短縮などにメリットがあります。
サヤ式の給水もそうですね、維持管理や地震などへもメリットがあります。
お客様には鉄筋の検査時などに、実際立ち会って頂き、もちろん鉄筋や基礎の説明とともに
こんなお話もさせて頂いています。
ご自分の家がどんな風になっているのか

知ってもらえるとより家造りが楽しくなってもらえるかなと思っています。

電気の方は又次回にでもお話したいと思います・・・・・・・・・・・・


 

■■□―――――――――――――――――――□■■

     <関連記事>
     新社屋 地盤改良工事

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■