STAFF BLOG
メイン画像
2019.03.08
ブログ

新社屋 Indoor garden

中橋 正憲

中橋 正憲

こんにちは、

エーシン住宅事業部 中橋です。

春もすぐそこに来ています、卒業式、入学式と慌しい日々の方も多いのではないでしょうか。

そして、新社屋も完成に近いです。
今回はホールにシンボルツリーを置き、緑と建築の素材とが
一体となったそんな感じにしたくて大きな樹をあしらっています。
本物ではないのですが、よく出来ています。
製作は和歌山です。依頼し社員が取りに行って社員で施工も行いました。
トネリコの木の人工樹木なんです。



コンクリート、無垢木材、樹木、石、
それぞれの素材がお互いを引き立てていると感じます。
この木があること落ち着きとやわらかい感じがいいです。
3月23日オープン予定です。
みなさん、楽しみにしていてください。

■■□―――――――――――――――――――□■■
     ブログ一覧を見る
   ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■

2019.01.09
ブログ

新年あけましておめでとうございます。 《社屋も完成が近いです》

中橋 正憲

中橋 正憲

皆さま、あけましておめでとうございます。

     住宅事業部 中橋です

本年もどうぞ宜しくお願い致します

昨年の様な積雪もなく穏やかな天候に恵まれ社屋は完成に近づきつつあります。



1階ホールから見た感じです。吹きぬけに鉄骨の階段、桟橋がかけてあります。
メインホールは床の段差で遊び心の演出をしています。
見えます格子は無垢のタモ材を使用、デザイン良くやさしい美しさです。
社員にて、材の仕上げを行い天然の塗料を施しています。
無垢材の良さをさらに増す香りと風合いがいいですね。
正面左下の覗かせるのはオープン系のキッチンです。
これも無垢とアイアンで構成されているもので
キッチンと格子のデザインもいい感じになったと思います。




2階の桟橋から見た打ち合わせルーム(予定)です。
これからまだまだ装飾に入っていきます。
しかしこの空間の広さは自分でも木造であることを忘れさせますね。
弊社は木造がメインです、しっかり監理厳選された材料と最新の計算技術
それに培ったノウハウをプラスして
こういった空間を造ることができるわけです。
当然断熱の性能も高く、寒い冬でもとっても暖かく、省エネな建物に仕上げています。

まだまだ未完成ですが、次回のブログではエントランスあたりもご紹介したいと思います。
変わった左官材料とセメント系の材料のコラボレーションが
素材を感じさせる空間演出となっているはず・・・・・です。

本年もエーシングループをどうぞ宜しくお願いいたします。

■■□―――――――――――――――――――□■■

   <関連記事>

    エーシン本社のこれまでの工事中のレポートはこちら!

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■

2018.11.03
ブログ

夏が終わりました・・・

中橋 正憲

中橋 正憲

こんにちは 住宅事業部 中橋です。
今年は本当に夏暑かったのですが、下の息子が高校野球最後の夏でしたから
もっとも熱い夏になることを期待していました・・・でもそんなに甘くないです。
そこまではいけなかったですね。

しかし高校野球まで応援できた事は親としてこれ以上ない喜びであったと思います。
応援してくださった、お客様、業者の方々、社員の皆方もありがとうございました。


さて、社屋の方は少しづつ完成へ近づいてきています。
内装の方も進んでいます・・・今回は変わった素材での仕上げを採用しています。
壁は木毛板を張ってみました。カラーも色々試してみて どうかな?
やっぱり真っ白の壁がいいかなと・・悩んでいる最中ですが・・・たぶん白になりそうです。



この木毛板は倉庫などの天井屋根面に使用されていたものですが、変わった素材ということで
店舗の壁や天井にも使われていることがありますね。



こちらの天井はセメント系です、
硬くて大変でした。穴もコンクリート専用のダイヤモンドチップで加工するなど、
工事の方にはご苦労お掛けしました。



外装もセメント系ですね。大型のタイルを張りました。

全体的に素材感が楽しめるような仕上げを目指して、造っています。
2階はまだまだですが、楽しみです。 
外回りも着手していますので、オープンまで時間ありますがご期待ください。

■■□―――――――――――――――――――□■■

     一つ前のブログを見る

  <関連記事>
    エーシン本社のこれまでの工事中のレポートはこちら!

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■


 
2018.08.02
建築レポート

社屋 太陽光

中橋 正憲

中橋 正憲

こんにちは、エーシン住宅事業部 中橋です。

毎日暑すぎますね。こんなに太陽がかんばるならと・・・
社屋にも太陽光発電パネルを設置しました。

今回は10キロです、屋根がデッカイからぜんぜんいけますね。
マックス30キロくらいはいけそうです。

でも、雪のことなどもあります、設置位置や雪止めとの関係など
考慮して置いています。



今回10キロなのは?
今後電力の買取がどうなるか?不安定なこともあって
自給自足できればいいなー くらいで判断しています
きっと十分すぎるくらいあまりますけど。

(住宅と違って予測が難しいですが計算してはいます。)
(一般住宅だと時給自足で4キロくらいでいけそうかと)

住宅も断熱や気密の性能が上がっています、 ZEH(ゼッチ)なんていうことばも
出てきますね。

すごく簡単にいいますと、高性能住宅+太陽光ということにゼッチはなるのですが
太陽光は雪や外観のデザイン、近隣の環境、屋根の勾配と向き等
しっかり考慮してつけたいですね。

今後はこの太陽光と蓄電池も増加していくような政府の推進もありますし
車も電気が主流になる時代がくるのでしょう?

既に車の充電への対応の要望もお客様からあります
まだ先だろうけど・・・という方がほとんどです。

太陽光、ZEH、自動車の充電 どれも単独でなく住宅として
本来求められる大きな窓、採光、通風、快適性とデザイン、
それにエネルギーのことを考えしっかり家を造っていきたいと思っています。

いろいろな情報が多いですし変化も早いですね、
是非うちのスタッフにご相談ください。お客様にあったご提案ができると思います。

■■□―――――――――――――――――――□■■

     一つ前のブログを見る

  <関連記事>
    エーシン本社のこれまでの工事中のレポートはこちら!

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■

2018.07.13
建築レポート

社屋の鉄骨工事

中橋 正憲

中橋 正憲

こんにちは 住宅事業部の中橋です。

雨が長く続きました、各方面に被害が出ており現在も捜索、
復旧が続いていることをテレビで見ます。
一刻も早く平穏な状態に戻りますこと願っております。

さて今度は毎日暑い日が・・・・・つづいてますね。
息子が高校球児で最後の夏です、昨日開会式があり、
最後であることもあってしっかり見てきました。
全国の高校野球の選手 夏100回記念大会 みんな頑張ってほしいです。

さてさて、社屋の進行も徐々に進んでおり、
昨日鉄骨の階段と桟橋を搬入しました。
デザインも何度も何度も検討し図面を起こし、
鉄工所さんと打ち合わせをこれも
何度もさせていただき、製作しました。
木造と鉄骨・・・・カッコイイです。



この階段には、無垢の踏み板をのせる予定ですが・・・・・材種は?
タモですね。 その前にブラックの塗装をしないといけないですね。
艶は消したい感じです。



この桟橋は斜めにかかってるんですよ、鉄骨の床には、
エキスパンドメタル(クロスした鉄の網?みたいな)
これを敷いて、板を敷いて、床を施工します。
どんな風に仕上がるのか・・・・・自分でも???楽しみです。

この先の仕上がりは是非、直接見ていただきたいですね。

暑い日が当分続く予報です、皆様も十分お体に気をつけてお過ごしください。

■■□―――――――――――――――――――□■■

     一つ前のブログを見る

  <関連記事>
    エーシン本社のこれまでの工事中のレポートはこちら!

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■


 
2018.05.16
建築レポート

新社屋 上棟完了しました。

中橋 正憲

中橋 正憲

こんにちは、住宅事業部 中橋です。
エーシン 本社社屋 上棟完了しました。 
今回は正面を大きな1つの面でデザイン構成しております、
でも実は斜めに張り出しているんですよ。
構造も大きなスパンをダイナミックに組んでいて
木造でも、こんな建物ができるんだなって感じです。
写真ではあまり伝わらないかもしれないですけど・・・・・・・

色々と仕上げも検討しており、造るのは本当に大変なんですが完成が楽しみです。

昨日サイン(看板系)の打ち合わせも行いましたが、カッコイイデザインアイデアがいくつも
浮かんできてそれも楽しみなんです。

オーダーの木製サッシもぼちぼち完成します、サッシが付いたら又アップしたいと思います。


きょうみがあるお客様、是非見にきてください。

■■□―――――――――――――――――――□■■

     <関連記事>
     新本社 地鎮祭
     新社屋 地盤改良工事
     新社屋 基礎鉄筋
     いよいよ上棟!
 

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■

2018.04.24
ブログ

いよいよ上棟!

中橋 正憲

中橋 正憲

こんにちは
住宅事業部 中橋です。

新社屋 本社 いよいよ上棟待ちまでたどりつきました!
打ちっぱなしのヨウヘキ,持ち出しのデッキコンクリート、
1階の床が3ステップ式なこともあって難易度高い感じで大変でしたが・・・・
     
 基礎工事店さんありがとうございました。



土台伏せも完了し建前を待つばかりです。
エーシンでは土台にはいつも檜材を使っております。防虫防腐能力が高く香りもいい材料です。

でもそれだけではなくエーシンで使っています土台は
特殊技術で檜の成分を残したまま乾燥させ、割れや変形も少ないものを採用しています。
ですから顔色も男前でいい香りがします。

加工は機械(工場プレカット)で行い、そのレベルは素晴らしいです。
もちろん、うちの大工さんも凄いですが、プレカットの仕口(接合部)もバッチリですね。



この後はキッチリ養生して今日の作業は完了です。
次は上棟のご報告をさせていただく予定です。
ダイナミックな木造の構造なので、ご期待ください。

■■□―――――――――――――――――――□■■

     <関連記事>
     新本社 地鎮祭
     新社屋 地盤改良工事
     新社屋 基礎鉄筋

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■


 
2018.03.23
建築レポート

新社屋 基礎鉄筋

中橋 正憲

中橋 正憲



こんにちは、住宅事業部 中橋です。

暖かい日が続いたと思えば・・・又寒さがすこしもどり
関東には雪??どうなっているのでしょう・・・今年の天気は・・・

新社屋の基礎も仕込みの水道と電気の配管が終わり、鉄筋組(ベース部分)がほぼ完了しました。
いつもの住宅と同じ組み方のベタ基礎になります。
地盤自体の改良工事を施していますので、実際はこんな頑丈な基礎は必要ないですが、
頑丈に越した事はないですしね、いつもと同じように進めています。

水道工事もここ20年くらいで変わってきました、給水配管の種類も 鉛管、鉄管から塩ビ管に・・・
今は建物内部は架橋ポリエチレン管を使用しています、ずいぶんと耐久性が高くなったと思います。
それにヘッダー配管の採用(ヘッダーより各端末の水栓まで直接配管されています)で
維持管理のしやすさや湯待ち時間の短縮などにメリットがあります。
サヤ式の給水もそうですね、維持管理や地震などへもメリットがあります。
お客様には鉄筋の検査時などに、実際立ち会って頂き、もちろん鉄筋や基礎の説明とともに
こんなお話もさせて頂いています。
ご自分の家がどんな風になっているのか

知ってもらえるとより家造りが楽しくなってもらえるかなと思っています。

電気の方は又次回にでもお話したいと思います・・・・・・・・・・・・


 

■■□―――――――――――――――――――□■■

     <関連記事>
     新社屋 地盤改良工事

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■

2018.03.13
建築レポート

新社屋 地盤改良工事

中橋 正憲

中橋 正憲



おはようございます。
住宅事業部 中橋です。

雪もほぼなくなり、春を近くに感じますね。
そんな中・・・解体が終わって、社屋の最初の工事・・・
地盤改良工事が着手されています。
木造2階建ての社屋なため住宅と同様の地盤調査を行いました。
種類ある調査のなかでも普段お客様に採用しています、信頼できる方法を選定しています。
もちろん、調査だけでなく近隣状況、地積データ、今までの周囲で行った地盤調査や工事などと
経験も参考にし、地盤補強が必要か、どういった補強内容なのかを検討し
工事方法決定をしていきます。
私の経験では住宅においてこういった調査、改良は今から27年くらい前からになります
個人の経験で物件合計で600棟くらいにはなるでしょうか、
色々な地域で時代とともに様々な工法をさせていただいています。

今回は表層の改良工事となります。
専用のセメントと土を土質や深さを考慮し混ぜていきます。
重機、ローラーを使用ししっかり固め、次に基礎のカタチへと成型していきます。
遺跡でも発掘しているような形状に仕上げていきます。
重機と監理者とで行うのですが、いつもながら素晴らしい出来栄えです。
全工程が完了したあと、更に再調査を行い 安全な強度が出ているかも計測します。
そして、次はやっと基礎工事となります。

■■□―――――――――――――――――――□■■

     <関連記事>
     新本社 地鎮祭

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■


 
2018.03.08
建築レポート

新本社 地鎮祭

中橋 正憲

中橋 正憲


エーシン 住宅事業部 中橋です。
久々の大雪に見舞われ、やっと除雪も終わりました。
工程も送れていましたが永年お世話になった本社社屋の解体が完了。
今日は新しく建てます本社の地鎮祭です。
あいにくの雨なのか、雨降って地固まるなのか・・・若干雨です・・・・・
きっと後者の方だと思います。

この社屋は本社機能と体感して頂けるような施設として予定しています。
もちろん得意な木造です。しかし木造のイメージを超えるような仕上りにしたいと
設計チームと毎日のように、色々な話や画像を使って検討しています。
お客様にかっこいいと言って頂けるよう頑張って造りますので、ご期待ください。

■■□―――――――――――――――――――□■■

     一つ前のブログを見る

  ------------------------------------------------

     プロフィールを見る

■■□―――――――――――――――――――□■■